FC2ブログ

銀河英雄伝説が好き過ぎて…日本中探しても銀英ファンが集えるBarが無かったので、伊達と酔狂でうつけがうっかり作ってしまいました。

既視感
2020-03-09 Mon 21:03

ブ…ブブブ…

フードコートとかでよく見る呼び出し端末が鳴って、ディスプレイに【モンシンシツ 2】という表示が出る。
今日、2回目のこの部屋。

「失礼します」

と声をかけて、ドアを開けて荷物を籠に置いたら、丸椅子に腰かけた。

小さいメモ用紙をみていた眼鏡の女医さんが、ちょっと困った様な笑顔で、

「あなた、他人に血をあげてる場合じゃないのよ?」

と微笑んだ。

それを聞いた瞬間の正直な気持ちは、海鷲に行く前にマクドナルトでエグチセットをテイクアウトしよう!だった。

今日は、稀に見るベストコンディションで迎えた一日だと…
1時間前までは思っていた。

連日、SNSで流れるコロナウイルスのニュース。血液が足りないとの報道。
なにか自分でもお手伝いって出来ないかな~という位のライトな気持ちだった。

実はちょっとだけ、私の血液型は珍しい。
だから、このタイミングで献血に行くのもありかな~丁度、献血センターから葉書で<献血お願いします>ってお手紙来ていたし。という訳で、この数日間…不健康そのものの生活を自覚している私の生活は前向きに健康的だった。

早寝早起き、お風呂も湯船にちゃんと浸かって、食生活もそれなりに普段よりはちゃんとしていた。
目が覚めた時の感覚で、<うん。今日あたりがベストな気がする!>という気分だったので、いそいそと献血ルームを訪れた。

珍しく、血圧も体温も一発OKで、いよいよ献血!って時に簡易の血液検査で、めっちゃヘビーな貧血状態との判定がでてしまい、献血は出来なかった上に、冒頭の女医さんに今、延々と自分自身の状況をご説明いただくというお手間をかけてしまっていた。

…なんだろう。めっちゃ凹む。

昨日、ものすごく好物のチキンラーメン食べたかったのを我慢したのに。

『献血できなかった方へ』という小冊子を頂き、海鷲へと向かう道中、なにか凄く既視感を感じていた。

そういえば、昔…自分が基礎体力が全然ないのが辛くて、体力をつけようと思ってジムに入会したのに、ジムのプールで泳いでいる時に過労で倒れて、ジムから<もう少し最低限の基礎体力付けてからジムに来て下さいね>って言われて解約されたのを思い出した。

あれか…

ああ、なんかめっちゃ懐かしい。

あれから10年以上経ているのに、基本的な部分がある種、ブレてなかった自分に驚く。
既視感。そりゃ感じるわ。

金曜日からはラインハルト様お誕生日です!皆様のご来店お待ちしております!


献血

献血ルームのマスコット。地味に好きかも。

by:海鷲店主

スポンサーサイト



別窓 | 店主 | コメント:0 | トラックバック:0
<<コロナについて思う事…ヤン提督の名言から | 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 | ラインハルト様お誕生日!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 |