銀河英雄伝説が好き過ぎて…日本中探しても銀英ファンが集えるBarが無かったので、伊達と酔狂でうつけがうっかり作ってしまいました。

海鷲実話 
2015-07-05 Sun 21:19

9月26日のチケットを求めて、連日ご来店ありがとうございます。
皆様にお知らせ&お願いです。

実は…お客様の中で、イベントのチケット購入を巡るカップルやお友達同士によるアクシデントが数件起こりました。
同じようなアクシデントが起こると、お店もお客様も双方困った事態になります。
ブログでお話しする事をご本人たちの同意を得ましたので、同じような事にならないように書かせていただきます。


<ケース1 ご夫婦愛のサプライズ失敗>
・奥様Aさんは海鷲常連
・旦那さまBさんは銀英を知らず海鷲に一度も来た事が無い方。

Aさんは最近、お仕事が忙しいのと体調不良から海鷲に暫く来れない状態でした。
それを心配した旦那さまBさんはサプライズを兼ねて、初めて海鷲を訪れ9月26日のイベントチケットを2枚買いました。

ところが…Aさんは既に呑み仲間の女友達にチケットの手配を依頼しておりました。
先日の土曜日、海鷲へ初めてお二人で来たAさんとBさん。
そこで、海鷲スタッフは初めてお二人がご夫婦である事を知りました。

Bさん。まさかのサプライズ失敗です。しかもチケットが被ってしまいました。
幸いにして、まだ一般発売前&海鷲店頭でチケット受付中だったので、特別にキャンセルをお受けしました。

これを機会に旦那様も銀英を観て、9月26日は一緒にご夫婦で参加される事になりましたが、なんと最前列がぽつんと一席空きが出来てしまいました。

<ケース2 友情のサプライズ失敗>
・海鷲常連で遠方へお引っ越ししたCさん
・海鷲に時々来店。リアルでもSNSでもCさんと仲のいいDさん
・海鷲は来た事がなかったDさんの彼氏Eさん(CさんとはSNSで知り合い)

Cさんはたまたまチケット発売期間中に大阪出張があったのでDさんのチケットを購入されました。
DさんはCさんと自分のチケットを購入されました。
Eさんは友達に頼んで、D&Eカップルと買いに来た友達のチケットを購入しました。

全員がお互いを喜ばそう。ビックリさせようとチケットを手配した結果、大混乱になりました。
結果として、一旦予約された全員の座席を全部キャンセルして4人並びの席を予約し直す事になったので前の方の良席が並びでいくつか空きました。

<ケース3 愛する娘へのサプライズ失敗>
・海鷲常連のお父さんFさんと
・舞台から銀河英雄伝説にハマッた娘さんGさん。

お父さんFさんが娘のGさんと一緒に行くつもりでチケット購入。しかし、お嬢様は六本木の某提督のライブに参戦予定でした。
最初、声優ファンの娘Gさんの為に前の方を並びで買いましたが、お嬢様が参加されないので真ん中のクラッシクメインのお席へ移動したお父さん。当日、お互い六本木には居るので、行き帰りはご一緒されるそうです。またしても、前列のお席が空きました(T-T)

という訳で思いもよらない事態で良席がいくつも空きました。
今回、事前に…しかも早めに発覚しましたので特別にキャンセルお受けしましたし、場所も手配し直しましたが・・・
それまでに来店されて希望の場所を取れなかった方を思うと残念なお知らせでもあります。

今後も、もしかしたらサプライズを考えて準備していて失敗する可能性がございます。
チケットを購入される場合は出来るだけお相手の方のスケジュールを確認されてからお手配お願い致します。

尚、これからの海鷲の方針としてチケットご予約後のキャンセル&場所変更については一切お受けいたしません。
既に予約したチケットの場所を振り替えて欲しいというご要望もトラブル防止の為、お断りさせていただきます。

今回は規模もかつてなく大きく、またお問い合わせいただく件数もケタ違いに多いもので…
私どもも想定していた以上の反響で驚いております。また、同時に認識が甘かったと反省しております。
諸々、チケット購入に関しては対応が後手後手になりました事お詫び致します。

せっかくのイベント。参加して下さる方々が、参加前・参加中・参加後全ての段階でスムーズに楽しくやっていければと切に願っております。
何卒、皆さまのお力をお貸し下さいませ。
※上記の文章はイベントスタッフ等を募集している意味ではありません。

海鷲店主

スポンサーサイト

別窓 | 店主 | コメント:0 | トラックバック:0
<<9月26日の座席について | 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 | 9月26日 終演予定時刻と車いす専用シートについて>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 |