銀河英雄伝説が好き過ぎて…日本中探しても銀英ファンが集えるBarが無かったので、伊達と酔狂でうつけがうっかり作ってしまいました。

未だ出口見えず…
2014-05-24 Sat 18:53

薔薇騎士連隊の珈琲ですが、未だ出口が見えずです。

いつもなら…
なんでもいいから締切守れ!とか
ある程度の処でキリを付けないとダラダラと長引くから時には妥協もしろ!

と口煩い吉田さんが、一切の妥協を許してません。
…というか、珈琲焙煎所のマイスターと一緒になって、

双璧のブレンドは、お互いの長所を生かし短所をカバーしあった双璧のイメージで万人受けを狙った、誰が飲んでも美味しいと思って貰える珈琲を目指したけれど、薔薇騎士連隊の珈琲はあえて、<排他的な集団>というイメージから好きな人はトコトンハマる。駄目な人はダメ!という様な個性的なブレンドにしたい!と言いだしまして…

当初の「珈琲を一杯。薄めでな。砂糖をスープン半分入れてクリームは要らない。」

というがっかりな内容は置き去りにされてます。

曰く、シェーンコップの不良中年はそうだろうが、薔薇騎士連隊とすれば、排他的集団だ!と。

うーん。銀河英雄伝説の作品を愛し過ぎて、納期がどんどん延び延びになった事は数え切れない程あるのだけれど、珈琲を心から愛し過ぎて発売が延び延びってどうよ?と云うと、

「貴様!海鷲とはなんだ?」

と言ってきたので、

「銀河英雄伝説のファンのバー」

と答えると

「飲食店だよな?海鷲は」

と問われ

「うん。飲食店です。」

と答えると

「飲食店が、味に拘るのは正しい飲食店のあり方であって、ランチョンマットやらカレンダーやら、エコバックを凝りに凝って作んのは邪道だろうが!」

と言い出しました。
ええ。本当にもう清々しい程の正論でした。

心の中で、お前はオーベルシュタインか!とツッコミ入れそうになりました。

と云う訳で、薔薇騎士連隊ブレンドは吉田とマイスターの二人の珈琲を心から愛してる銀英ファンが作る拘りのブレンドになりそうです。

薔薇騎士連隊のファンだからと無理して買わなくて良いです。
珈琲も好きな薔薇騎士連隊ファンの方に買って貰いたいです。

でも未だ出来あがらず。

by:そういえば海鷲って飲食店です。海鷲店主

スポンサーサイト

別窓 | 店主 | コメント:0 | トラックバック:0
<<薔薇は薔薇は…激しく咲いて~ | 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 | 頑張ってます!珈琲研究所のマイスターが…>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 伊達と酔狂で銀河英雄伝説カフェバーを運営する店主の徒然日記 |